弊社倉庫内で断捨離しました【外壁塗装 越谷市 埼玉】

こんにちは

ハナマル貰える外壁塗装専門店
マーブルの石井です。

本日、倉庫内の一角を占めてた荷物を断捨離しました。

使うかな?使わないかな?判断が難しいモノ達でしたが、結果スッキリしました(^^)

私は結構貧乏性で、普段の生活でも似た様なところがございます。

ちょっとした物を捨てられず、結局最後まで使う事無く捨てられていくモノ達を数多く見て来ました。

最初からそうしてれば良いのですが、「何かで使えるのでは無いか?」と必ず考えてしまいます。

これは性格なので今後も変わらないと思います。(´ω`)

ただこの性格が幸いする事も有ります。

それは現場です。

私の車の中には「何かしら使えるのでは?」と思い、取っておいたモノで溢れています。

この一見ゴミの様なモノ達が、結構臨機応変に現場で活躍する事が多いのです。

むしろそれを想定して取ってあると言った方が良いかも知れません。^_^

この臨機応変力って、職人さんには必要不可欠な能力だと思うんです。

「現場は生き物」という言葉が有ります。

例えば。
元請け会社から「〇〇の塗装現場」があり、1日で仕上げて欲しいというオファーがあるとします。

元請けさんからの現場情報を聞き、その現場が仕上がるまでに必要な塗料や道具を想定して現場に向かいます。

しかし立地条件や、新築時の施工の仕方や、劣化状態など様々な理由で、元請けさんから聞いた情報とは微妙にかけ離れている場合があります。

それでも、困った事にその現場は今日中に仕上げなければなりません。

どうしよう?、、、

そんな時に発動するのが職人さんの臨機応変力です。

与えられた環境でいかにベストパフォーマンスをする事が出来るかが、職人さんに求められる能力だと思います。

その為にあえて貧乏性を貫き通し、「こんな場面で使える」道具類を確保しているのです、、、

少しこじ付け感が強い気もしますが、職人の性って事でご理解くださいね( ´ ▽ ` )ノ
 

ハナマル施工事例

お客様の声

ハナマル塗装オプション

ハナマルブログ

イベント・チラシ情報

お役立ち情報

お問い合わせ