ペンキ屋にとっての当たり前は、実は驚きの技術みたいです(^^)【外壁塗装 越谷 埼玉】

こんにちは
ハナマル貰える外壁塗装専門店、マーブルの石井です。

私は子供が通う小学校のオヤジの会に属しております。
私がペンキ屋という事もあり、塗装をテーマにした学校修繕をよく行っております。

先週末はジャンピングボード(縄跳び練習台)の再塗装を行いました。
ただ塗るのは面白くないと、毎年チビッ子画伯を募集して、大きなキャンパスに好きなようにイラストを描いて貰ってます。


カラフルなイラストには、カラフルな塗料が必要になります。
子供達が「オレンジ下さい!」「ムラサキ下さい!」と私の所にリクエスト来ます。


「どんな感じのオレンジ?」と下絵を確認。
必要な原色塗料を容器に入れ、刷毛でグルグルっと混ぜ合わせるとアラ不思議!
ご希望のオレンジ色塗料の完成です。

これは「調色(ちょうしょく)」というペンキ屋の技術になります。
屋根や外壁など大きな面積を塗る時は、指定された色の塗料をメーカーに作って貰いますが、

小面積でチョッとだけ塗料が欲しい時。
タッチアップ(補修塗り)したいのに塗料が無い時。
頼んだ塗料の色がイメージと違う時。

などなど、様々な場面で調色技術が必要になります。

私にとっては当たり前の調色作業ですが、チビッ子達にとっては驚きの技術の様です。

リクエスト通りの色が、あっという間にポンポン完成する様子を興味津々にジーっと見つめるチビッ子も居ました(^^)

こうした何気ない事で、チビッ子達に仕事への興味を持って貰える事が嬉しいですね(^^)/

ペンキ屋のオヤジがほんの少しヒーローになれた瞬間のお話でした(^^)

 

ハナマル施工事例

お客様の声

ハナマル塗装オプション

ハナマルブログ

イベント・チラシ情報

お役立ち情報

お問い合わせ

  • ハナマル施工事例
  • ハナマル塗料とお金の目安
  • ハナマル職人のご紹介